2021年に初めて岡山県で開催される中高年のスポーツの祭典「日本スポーツマスターズ」に向け、県スポーツ協会は24日、県内の13競技団体に大会運営への協力を要請した。

 岡山市内で会合があり、水泳、サッカー、軟式野球といった競技団体の関係者ら約30人が出席。同協会の越宗孝昌会長(山陽新聞社会長)が一人一人に要請書を手渡し、「大会の成功には皆さんの協力が欠かせない。市町村などとも連携しながら、本番に向け、ともに歩んでいきたい」とあいさつした。

 同協会は、日本スポーツ協会(東京)や県とともに大会を主催。会合では、選手ら約8千人の参加を見込み、県内...    
<記事全文を読む>