二〇二〇年東京五輪に向け、モンゴル代表のボクシング選手団が、島田市野田の市総合スポーツセンター「ローズアリーナ」を拠点に事前合宿をしている。二十二日には、染谷絹代市長から激励を受けた。二十八日まで滞在する。

 モンゴルは格闘技が盛んで、ボクシングも五輪メダリストを輩出する強豪国。現地の外国語学校と島田第一中学校が姉妹校提携するなど交流があることから、市が合宿を呼び掛けた。

 事前合宿は三回目。十七~十八歳の男女の若手選手とコーチら計十七人が十九日に来日した。専用リングやサンドバッグがそろえられた練習場で、シャドーボクシングや腕立て伏せなどで体力づくりに励んだ。<...    
<記事全文を読む>