岐阜県海津市の長良川国際レガッタコースで二十、二十一日に開かれた第三十九回全日本中学選手権競漕(きょうそう)大会(日本ボート協会、中日新聞社など主催)で、静岡勢は浜松市西区の入野中が女子総合優勝を果たした。

 入野中女子は舵手(だしゅ)付きクォドルプルでAチームが三位、ダブルスカルでAチームが四位など、全三種目で最多の四クルーが入賞。種目成績を得点換算した総合成績で頂点に立った。

 女子主将の三年鶴見柚空(ゆら)選手(14)は「種目では優勝できなかったけれど、総合で一番になれて良かった。一人一人が全力を出して日々の練習成果を出せた」と喜んだ。

 

(芝...    
<記事全文を読む>