2020年東京五輪の自転車ロードレースのテスト大会が21日、東京、神奈川、山梨、静岡の1都3県の公道を舞台とした総距離約189キロ(パレード走行含む)で行われ、日本代表選考ランキングで首位につける宇都宮ブリッツェンの増田成幸(ますだなりゆき)は21位だった。ブリッツェンの岡篤志(おかあつし)が日本人選手トップの15位となった。

 東京五輪のコースはカーブや起伏が激しく、難度は過去最高とされる。一部を除き本番と同じコースで実施したレースには、イタリアやフランスなど9カ国・地域の代表チームを含む20チーム計95人が出場。正午に武蔵野の森公園(東京都府中市)をスタートし、レース後...    
<記事全文を読む>