岐阜県海津市の長良川国際レガッタコースで二十、二十一日に開かれた第三十九回全日本中学選手権競漕(きょうそう)大会(日本ボート協会、中日新聞社など主催)で、県勢は大台中が男子ダブルスカルで準優勝した。

 出場したのは川竹葉来(はく)選手(14)と宮本大地(たいち)選手(14)の三年生ペア。全国二位の快挙にも二人は「悔しい」と受け止め、宮本選手は「こぎ終わった後に泣き崩れてしまった」と振り返った。

 コースが予定より短くなったため、最初から全力でオールを動かしたが、スタートで出遅れて終始追う展開。川竹選手は「風や波で、落ち着いてこげなかった」と悔やむ。

...    
<記事全文を読む>