9月20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会まで残り2カ月となった。J2柏の井原正巳ヘッドコーチ(51)は、昨季までJ1、J2福岡の監督として4年を過ごした福岡出身で母校・筑波大の後輩でもある日本代表のWTB福岡堅樹に熱視線を送っている。日本が初めてサッカーW杯に出場した1998年フランス大会で主将としてチームをまとめた経験をもとに、日の丸を背負う重圧とやりがいを聞いた。(聞き手・構成=松田達也)

■トップリーグも観戦

-ラグビーとの接点は

 競技として取り組んだのはサッカーだけ。ラグビーは筑波大時代の授業で経験した。現役引退後、トップ...    
<記事全文を読む>