ラグビーのトップリーグ・カップ(TL杯)は20日、レベルファイブスタジアムなどで最終第5節8試合を行った。B組のヤマハ発動機はサニックスに52―7で大勝し、勝ち点16の3位で全日程を終えた。
 ヤマハ発は前半、大戸裕矢主将のトライで先制。5試合連続先発の新人舟橋諒将も続き、14―0で折り返した。後半はさらに攻勢を強め、マロ・ツイタマの2トライを含む6トライを加え突き放した。

...    
<記事全文を読む>