レスリングや重量挙げなどの世界選手権代表9人が所属するALSOKが17日、東京都内で記者会見を開き、9月にカザフスタンで行われるレスリングの世界選手権で3大会連続のメダル獲得を目指す男子フリースタイル57キロ級の高橋侑希は「何としても優勝したい。あと2カ月、一番と言えるぐらい追い込みたい」と意気込みを語った。

 レスリングは世界選手権でのメダル獲得で2020年東京五輪代表に決まる。3大会連続の五輪出場を狙う男子フリー86キロ級の高谷惣亮は「優勝する」と宣言した。

 重量挙げ女子55キロ級の八木かなえ(兵庫県・須磨友が丘高-金沢学院大出)は「五輪出場に向けて大切な...    
<記事全文を読む>