日本スポーツ協会は17日、東京都内で理事会を開き、中高年のスポーツの祭典「日本スポーツマスターズ」を2021年に初めて岡山県で開催することを決めた。

 競技志向の高い原則35歳以上が出場する総合大会。01年の宮崎県を皮切りに都道府県持ち回りで毎年行われ、中国地方では06年に広島県で開かれた。例年、約8千人の選手が参加。今年は8、9月に岐阜県であり、水泳、サッカー、テニス、バレーボールなど13競技が実施される。

 岡山県スポーツ協会の越宗孝昌会長(山陽新聞社会長)、松井守専務理事らが理事会を見守る中で開催が決まり、日本スポーツ協会の伊藤雅俊会長...    
<記事全文を読む>