柔道の世界選手権(8月25日開幕、日本武道館)に初出場する男子66キロ級の丸山城志郎(ミキハウス)=宮崎市出身=が17日、母校の天理大で練習を公開し、金メダルへの鍵として内股の「パワーアップ」を掲げた。

 仕掛けるスピードと技の切れ味が持ち味で、4月の全日本選抜体重別選手権決勝では同じ階級で同選手権2連覇中の阿部一二三(日体大)を撃破。ただし13分を超える激闘だった。ライバルを圧倒するため「技の威力を高め、どこからでも技に入れる力をつける」と決意。阿部戦で負傷した右手首が6月上旬に癒えると、自分より重い階級の選手と乱取りをして地力をつけている。17日も100キロ級の学生を内...    
<記事全文を読む>