高校生を対象に、五輪や国際大会で活躍する運動選手育成を目指す県の「ふくおかアスリート育成強化事業」の本年度認定式が福岡市博多区のアクシオン福岡であった。20競技の67人が選ばれ、柔道の古賀若菜選手(南筑高3年)とセーリングの野田乙心(つぐみ)選手(福岡第一高3年)の2人が特別強化指定選手になった。

 事業は2年前に始まり、前年度の実績をもとに「特別強化」「強化」「準強化」の3段階で認定。最大年間150万円を補助し、海外遠征費や宿泊費に充ててもらう。過去には柔道の素根輝選手(環太平洋大)や卓球の早田ひな選手(日本生命)らが選ばれた。

 10日の認定式には約40人が...    
<記事全文を読む>