国内最大のオートバイレース、第42回鈴鹿8時間耐久ロードレース(8耐、28日決勝、三重・鈴鹿サーキット)に、群馬県から青木宣篤(47)=高崎市=がスズキ系のモトマップSWATから出場する。昨年に続き、マシンの実力差が少ないスーパーストック(SST)クラスにエントリー。ボートレースのトップレーサー、毒島誠選手(35)=同市、群馬支部=をチーム総監督に迎え、「今年こそクラス優勝を」と意気込む。

◎総監督にボートレーサー毒島迎え「今年こそ優勝」
 レースは排気量1000㏄の市販車ベースのマシンで争う。改造範囲の広い世界耐久選手権(EWC)クラスと違い、SSTは...    
<記事全文を読む>