日本セーリング協会は12日、東京都内で2020年東京五輪代表候補選手の激励会見を開いた。レーザーラジアル級を除く9種目の候補19人が出席。昨年の世界選手権女子470級で金メダルを獲得したベネッセの吉田愛、吉岡美帆(広島市西区出身)組らが意気込みを語った。

...    
<記事全文を読む>