日本ハンドボールリーグが13日に開幕するのを前に、トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)の金キム明ミョン恵ヘ監督や選手らが11日、佐賀市の佐賀新聞社を訪れ、リーグ戦での躍進を誓った。

 昨季7年ぶりに5位に入ったチームは、就任2年目の金監督の下、堅守速攻を武器に上位4強によるプレーオフ(PO)進出を目指す。

 佐賀新聞社では中尾清一郎社長が「レッドトルネードは佐賀の誇り。今年こそ4強入りを果たして」と激励した。荒川蔵人主将は「県民の皆さんの期待に応えられるように全力を尽くす」と力強く応えた。

 佐賀市内のホテルで同日、記者会見と懇親会も開かれ、金監...    
<記事全文を読む>