ドイツで十月に開かれる世界体操競技選手権大会の日本代表に選ばれた成田市在住で船橋市立船橋高校三年の橋本大輝選手(17)の激励会が八日、成田市役所であった。

 二人の兄を追いかけて六歳で佐原ジュニア体操クラブに入り、香取市立佐原中学校体操部で腕を磨いた。高校生になって実力を上げ、昨年のアジアジュニア選手権では種目別の床とあん馬で優勝。高校総体では個人総合で二位に入った。

 今年五月のNHK杯で個人総合六位、六月の全日本種目別選手権であん馬三位と活躍し、白井健三選手以来の二人目となる高校生での日本代表入りを決めた。

 橋本選手は「日本代表として若さあふれ...    
<記事全文を読む>