ラグビー元日本代表主将のアンドルー・マコーミック氏(52)=神戸市東灘区=が10日、神戸市中央区のホテルで開かれた事務機器大手リコーのセミナーで講演し、「国際社会に求められるリーダーシップとは?」をテーマに、外国人初の代表キャプテンを務めた経験などを振り返った。

 ニュージーランド出身のマコーミック氏は26歳で来日し、東芝府中(現東芝)などで活躍。1999年ワールドカップ(W杯)に出場した。故平尾誠二監督から主将に任命され、「(恩を)返したい気持ちだった」とマコーミック氏。日本人選手とも積極的にコミュニケーションを取って特長を理解し、「スピードや柔らかさ、器用さといった日本...    
<記事全文を読む>