二〇一六年リオデジャネイロ・パラリンピックの走り幅跳びの銅メダリストがオランダと足立区の連携事業で来日し、小中学校や都立特別支援学校で児童生徒と交流した。

 招かれたのは、オランダ代表の女子陸上選手、マルレーネ・ヴァン・ガンセウィンケルさん(24)。昨年の欧州選手権では、百メートル走、二百メートル走で世界記録で優勝した。上肢と、下肢に先天的な欠損がある。

 二日に訪れた都立城北特別支援学校(南花畑五)では、区内の特別支援学校の生徒や、小中学校の子どもたちもお出迎え。マルレーネさんは、幼い頃からスポーツが好きで、サッカーは義足で健常者と一緒に遊んだエピソードを披露...    
<記事全文を読む>