陸上の南部忠平記念大会は7日、札幌厚別公園競技場で行われ、女子100メートルは立命館慶祥高2年の石堂陽奈(ひな)が11秒57(追い風参考)で初優勝した。2位は土井杏南(あんな)(JAL)、100メートル障害が専門の寺田明日香(パソナグループ、恵庭北高出)が3位に入った。

 男子110メートル障害は日本記録保持者の金井大旺(たいおう)(ミズノ、函ラサール高出)が13秒44(追い風参考)で、優勝者と同タイム着差の2位。

 棒高跳びには、男子十種競技の世界選手権代表の右代啓祐(国士舘ク、札第一高出)が出場し、3連続で失敗して記録なしに終わった。5メートル51を跳んだ沢...    
<記事全文を読む>