2020年東京五輪のテスト大会を兼ねた重量挙げの日中韓友好大会が6日、五輪会場の東京国際フォーラムで開幕し、女子55キロ級の八木かなえ(ALSOK、須磨友が丘高-金沢学院大出)はスナッチ84キロ、ジャーク109キロのトータル193キロで3位に入った。

 104キロ、107キロとスムーズに成功させ、ジャーク最後の3回目。八木は109キロを頭上に差し上げるとわずかに前によろめいたが、懸命に踏みとどまった。「久しぶりに挙げた重量」。会心の笑みを浮かべ、引き揚げる際には両手で小さくガッツポーズ。「この試合までは崖っぷちだった。これからいい流れに乗れると思う」。浮上への手応えに、声が...    
<記事全文を読む>