世界選手権(9月・カザフスタン)代表選考プレーオフは6日、埼玉県の和光市総合体育館で男女計6階級が行われ、女子57キロ級は2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級女王の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が五輪4連覇の伊調馨(ALSOK)に勝って代表入りを決めた。

 川井梨は終了間際に3-3に追い付かれたが、相手より高得点の決まり手が多い「ビッグポイント」で内容勝ち。20年東京五輪予選の世界選手権で表彰台に立つと、日本協会の選考基準を満たして五輪切符を得る。

 プレーオフは昨年12月の全日本選手権と6月の全日本選抜選手権の優勝者が異なる階級で実施。女子50キロ級は入...    
<記事全文を読む>