ラグビーのトップリーグ・カップ(TL杯)は5日、東京・秩父宮ラグビー場などで1次リーグ第3節が行われ、昨季TL王者でD組の神戸製鋼はリコーに19-13で競り勝ち、開幕からの連勝を3に伸ばした。

 開始早々に先制を許した神鋼は、サンウルブズでも活躍したSOパーカーが3連続PGを決めて前半を9-3で折り返した。後半はパーカーのPG直後に1トライを返されたが、同18分にスクラムから素早く展開し、WTB山下楽が2戦連続のトライ。反撃をラインアウトモールからの1トライに抑えて逃げ切った。

 神鋼のディロン・ヘッドコーチは「タフなチームに粘って勝つことができた」と話し、SH...    
<記事全文を読む>