東京で12日から開かれる東京五輪アーチェリー競技のテストイベントに出場するロシア代表チームが、掛川市のつま恋リゾート彩の郷に事前合宿のため訪れ、4日に松井三郎市長ら地元関係者の歓迎を受けた。
 アーチェリーのロシアチームは、前回リオデジャネイロ五輪で女子団体銀メダルを得た強豪。東京五輪の事前キャンプ地は未定だが、ウェブサイトでつま恋に注目し、テストイベントに向けた合宿地に選んだという。メダリストを含む選手5人が10日まで滞在して練習する。
 広大な芝生の競技場があるつま恋は、かつてアーチェリーのナショナルトレーニングセンターに指定され、今も日本代表が合宿に利用してい...    
<記事全文を読む>