6月に東京都の日本武道館で開かれた剣道の「第41回全日本高齢者武道大会」で、吾川郡いの町八田の常光彰さん(80)が県勢で初めて80歳以上の部で優勝し、内閣総理大臣賞に輝いた。剣道歴65年の常光さんにとっても人生で初めての全国優勝。「元気に体が動いたことが勝因」と、はつらつとした口調で話した。

 常光さんが剣道を始めたのは追手前高校に入学した15歳の時。戦後、連合国軍総司令部(GHQ)に禁止されていた学校での剣道が解かれた翌年(1954年)だった。入学時に剣道部はなく、常光さんらが立ち上げたという。

 進学した中央大や就職先の三菱商事でも剣道部...    
<記事全文を読む>