2020年東京五輪の事前合宿を浜松市総合水泳場トビオ(西区)で行う予定の飛び込み競技米国代表チームが3日、12日開幕の世界水泳選手権(韓国・光州)の直前合宿を同水泳場で始めた。練習前には地元関係者が歓迎セレモニーを開いた。
 合宿は5日までの3日間。同チームは東京五輪事前合宿の試行を兼ね、同水泳場で初めて練習した。ロンドン五輪男子10メートル高飛び込みで金メダルを獲得したデービッド・ボウディア選手(30)ら選手27人とスタッフ8人が参加する。高さが10、7、5、3、1メートルの飛び込み台やトレーニング室を備えた同水泳場を拠点に合宿する。
 セレモニーではNPO法人浜...    
<記事全文を読む>