毎年、真夏の日本武道館(東京都千代田区)で開かれ「剣道の甲子園」と位置付けられる、全国道場少年剣道大会の北海道予選で、伊達市の伊達網代道場の中学生団体が2005年(平成17年)以来14年ぶりに優勝した。小学生団体も3位入賞を果たし、ともに日本武道館へ乗り込む。

 北海道予選は全日本剣道連盟が主催し43回目。6月16日に恵庭市で開催された。団体戦(5人制)には小学生83チーム、中学生88チームが出場。ベスト16以上に与えられる全国切符(7月29、30日)を目指した。

 伊達の中学生は順当に勝ち上がり、4回戦で強豪の新十津川のチー...    
<記事全文を読む>