下高井郡木島平村と県スキー連盟が木島平クロスカントリー競技場で9月7、8日に開く「木島平サマーノルディック大会」が、夏季のローラースキー大会としては国内で初めて国際スキー連盟(FIS)の公認を受けた。クロスカントリー競技選手の夏のトレーニングとしての位置付けが強かったが、今後はワールドカップなど主要なスキー国際大会への出場基準「FISポイント」の対象レースになる。選手らは「チャンスが広がる」と歓迎している。

 同競技場は1999年に村が建設し、指定管理者として第三セクター木島平観光が運営。アスファルト舗装で1周3・4キロ、標高差21メートルと起伏に富み、全日本スキ...    
<記事全文を読む>