自転車競技のアマチュア大会「第6回ニセコクラシック」(一般社団法人北海道イベンツ主催)が6、7の両日、倶知安町など4町で開かれ、国内外から過去最多の1500人が参加する。昨年新設されたタイムトライアルレースは今年、同種目として国内初の国際自転車連合(UCI・スイス)公認のレースとなり、関係者は例年以上の盛り上がりを期待する。

 競技は140キロと70キロのロードレースと、13キロのタイムトライアルの計3種目。各種目上位25%は8~9月にポーランドで開かれる世界大会に出場できる。

 ロードレースは7日、140キロが午前6時半に倶知安町のニセコグラン・ヒラフスキー場...    
<記事全文を読む>