1日に全体練習を始めた、ひがし北海道クレインズ(釧路市)は、選手21人体制で来季のリーグを戦う。うち12人は前身の日本製紙クレインズの社員選手で、企業の日本製紙に在籍しながら新生クレインズの運営会社ひがし北海道クレインズ合同会社(同市)に出向する形をとる。

 同合同会社によると、同合同会社と日本製紙は6月17日付で、12人の出向に関する契約を交わした。契約期間は7月1日~来年3月31日。12人については、給与を同合同会社と日本製紙双方で負担する。(長堀笙乃)

...    
<記事全文を読む>