青森県八戸市などを本拠地とするアイスホッケー・アジアリーグの東北フリーブレイズが1日、同市のテクノルアイスパーク八戸で今季の活動を開始した。選手16人は、レギュラーリーグ最下位に終わった昨季の雪辱を果たすべく、気持ちを新たに体力測定に汗を流した。

...    
<記事全文を読む>