今秋の茨城国体の一環として開かれる全国都道府県対抗eスポーツ選手権に向けて、サッカーゲーム「ウイニングイレブン」の岐阜県代表決定戦が30日、岐阜新聞本社であり、出場者が白熱したプレーを繰り広げた。

 実行委員会主催、県サッカー協会など主管。年齢制限のないオープンの部4チームと高校生限定の少年の部3チームが出場し、トーナメントで競った。会場ではスクリーンに試合の様子が映し出され、得点が入るたびに観衆から歓声が上がった。FC岐阜クラブアンバサダーの難波宏明さん(36)が解説し、会場を盛り上げた。

 オープンの部はゲーム愛好家の会社員4人でつくる「ST4」が優勝。キャ...    
<記事全文を読む>