陸上男子100メートルで日本人3人目の9秒台をマークした小池祐貴(住友電工、立命館慶祥高出)が23日、羽田空港に帰国した。報道陣の取材に対し、「体調を整えれば出ると思っていた。想定通りに結果が出て良かった」と笑顔をのぞかせた。

 20日にロンドンで開催された国際大会で日本歴代2位の9秒98を記録した小池は、多くの人から祝福を受けたという。「みんな9秒台が好きだなって思った」と笑い、「目標はあくまで世界大会で決勝に進出すること。10秒台では戦えないので、その前に出しておこうと思っていた」と今回は通過点だと強調した。

 24日で開幕1年前となる東京五輪へ向け「ここぞ...    
<記事全文を読む>