陸上のジャパンパラ大会第1日は20日、長良川競技場で行われ、岐阜県関係選手では石田駆(愛院大、岐阜聖徳高出)が100メートル(切断などT46)と400メートル(同)でいずれも日本新記録をマークして優勝した。

 石田は100メートルを2位に0秒03差の11秒18で制すと、400メートルは49秒89で頂点に立った。このほか男子では、山路竣哉(LINE、岐阜盲学校出)が100メートル(視覚障害T12)で優勝。兄の喬哉(メルカリ、岐阜盲学校出)は走り幅跳び(視覚障害T12)で優勝、100メートル(同)は準優勝だった。

 女子では、過去パラリンピック4度出場の田中照代(T...    
<記事全文を読む>