男子100メートルの竹田は大学の後輩の宮城(中大)に100分の1秒差で競り勝った。
 6月末に出場した日本選手権以降、走り方を改善している。決勝は後半に力みが出て自己記録(10秒27)に届かなかったが、「中盤までは力を出せたので良い感じ」と好感触をつかんだ。
 埼玉県出身。中大時代はアジアジュニア選手権2位、全日本学生選手権3位などの実績を持ち、4月にスズキ浜松ACに加入した。県選手権を制し「自己ベストを出して冬の練習を迎えたい」と気持ちを新たにした。

...    
<記事全文を読む>