陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)女子マラソンに出場する天満屋の谷本観月選手(24)が1日、岡山市役所を訪問し、大森雅夫市長に活躍を誓った。

 天満屋女子陸上部の武冨豊監督(65)ら3人と訪問。谷本選手は「今までの陸上人生の中で一番大きい大会。粘り強い走りで入賞を目指したい」と意気込んだ。市長は「一つでも上を目指して頑張ってほしい」と述べ、激励金を手渡した。

 谷本選手は3月の名古屋ウィメンズマラソンで2時間25分28秒の自己ベストを出すなどし、初の日本代表に選ばれた。

 女子マラソンは大会初日の9月27日、現地時間...    
<記事全文を読む>