サロマ湖100キロウルトラマラソンは30日、オホーツク管内湧別町、佐呂間町、北見市で行われ、100キロ陸連登録者の男子は板垣辰矢(北海道・時之栖)が6時間25分52秒で2年ぶり3度目の優勝を果たした。女子は藤沢舞(北海道・エクセルAC)が7時間32分50秒で4度目の優勝。

 100キロと50キロの計6部門に3770人が出場し、2861人が完走した。このうち100キロは3281人が出場し、完走者は2435人で完走率は74・2%だった。(道陸協、北海道新聞社など主催)

...    
<記事全文を読む>