2019県中学校体育大会第71回陸上競技大会最終日(30日・金沢市の県陸上競技場=北國新聞社後援)男子400メートル予選で三柳遥暉(穴水3年)が50秒40の大会新記録をマークして全中出場を決めた。三柳のほか、女子800メートルで垣田愛(七尾3年)、男子走り高跳びで稲手理玖(美川3年)が全中切符を獲得した。
 男子400メートルの三柳は5年前に的場翔大(野々市)が出した大会記録を0秒03更新し、決勝でも全中参加標準記録を突破する51秒13で優勝ゴールを切った。
 女子800メートル決勝は垣田姉妹がワンツーフィニッシュを切り、予選で全中出場を決めた姉の愛が2分19秒84...    
<記事全文を読む>