バスケットボール女子Wリーグ「日立ハイテククーガーズ」の鈴木知佳(はるか)選手(青森山田-日体大出)が25日、母校である青森市の金沢小学校で、市内小学校のミニバスケットボール部などに所属する児童約30人を指導した。児童らはプロの手ほどきを受け、正しい基本動作を学んだ。

...    
<記事全文を読む>