天皇杯・皇后杯全日本バスケットボール選手権県代表決定戦は21日、青森市の青森大学で男女の準決勝、決勝を行った。男子決勝は鶴田クラブが93-66で八戸クラブを下し連覇を達成した。女子は八戸学院大が2連覇中のA-BITSに73-65で勝利した。優勝チームは、東日本エリアの各県代表チームで争う1次ラウンド(9月21~23日、船橋市)に出場する。

...    
<記事全文を読む>