昨年バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)に参入した「岐阜スゥープス」を支援しようと、売上金の一部をチームの運営資金に充てるキリンビバレッジの自動販売機の第1号機が岐阜市鏡島南の岐阜ダイハツ鏡島店に設置された。

 自販機にはチームカラーの黒を基調に、クマタカがトレードマークのロゴが大きく入ったラッピングが施されている。岐阜ダイハツ販売はチームのトップパートナーを務めることから、応援プロジェクトの一環で6月に導入した。

 鏡島店の「お客様感謝祭」で披露され、伊縫文哉社長は「昨年は当社の業績も好調で、スゥープスの勢いが全社員に浸透していると感じる。できる限り応援し...    
<記事全文を読む>