バスケットボール男子のBリーグは14日までに、2019-20年シーズンの日程を発表した。

 B1東地区は入れ替えがなく、宇都宮ブレックスは北海道、秋田、千葉、A東京、SR渋谷の5チームとチャンピオンシップ出場権を懸けて争う。レギュラーシーズンは60試合で、地区内5チームと6試合ずつ対戦。中地区の川崎、三遠、三河と各4試合、ほか9チームとは2試合ずつ戦う。

 開幕戦は10月3日午後7時5分から、横浜市の横浜アリーナで昨季中地区2位の川崎と激突。ホーム初戦は同19日午後3時5分からブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で行われ、三河(中地区)を迎え撃つ。

...    
<記事全文を読む>