「栃木」から「宇都宮」へ。バスケットボールB1栃木ブレックスが8日に発表した「宇都宮ブレックス」への名称変更。鎌田真吾(かまたしんご)社長は「ホームアリーナを含めた活動環境面の改革に着手していきたい。そのためには宇都宮との関係強化が不可欠」と強調した。

 ブレックスが名称変更の決断に至った背景として挙げたのが、Bリーグが1日に公表した「BEYOND2020」と呼ばれる将来構想だ。

 構想では現在18チームずつで行われている1部(B1)と2部(B2)をそれぞれ最大24チームまで拡大し、2026年に新たなリーグ形態へと移行する方針が示されている。

 新リ...    
<記事全文を読む>