バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは8日、山形市の山形グランドホテルで記者会見を開き、今秋開幕する2019~20年シーズンの新体制を発表した。悲願とする1部昇格に向け、指導陣や新入団選手が抱負を語り、今季から指揮を執る河合竜児ヘッドコーチ(HC)は「ワクワク感、期待感でいっぱい。B1昇格に絡めるようしっかり成長していきたい」と力を込めた。

 コーチ陣は河合HCに加え、新任の東島奨アシスタントコーチ。新加入した日本人選手は和田保彦、上杉翔、岡本将大の3選手で、新たな外国人選手の獲得について河合HCは「個人の能力に加え、チームと...    
<記事全文を読む>