バスケットボールの男子Bリーグは8日、4季目となる2019~20年シーズンの日程を発表し、1部(B1)の開幕戦は10月3日に横浜アリーナで行われる、川崎と栃木から名称変更した宇都宮の試合に決まった。
 三遠は10月5日に敵地で富山と対戦。同日は3連覇を狙うA東京が新潟と、千葉がSR渋谷と、2年ぶりにB1に復帰した島根は名古屋Dとぶつかる。
 東京都内で開かれた記者会見で大河チェアマンは「開幕戦は日本代表候補の多い2チームを選んだ」と説明。川崎の篠山は「チャレンジャーとして今年こそ優勝したい」と意気込み、宇都宮の遠藤は「名前も変わり新たな気持ち。リーグの盛り上がりに火...    
<記事全文を読む>