レバンガ北海道は5日、B1大阪から移籍した日本国籍取得選手で元日本代表のファイ・パプ月瑠(ムール)(32)の会見を札幌市内で行った。「6」に決まった背番号は、日本でプロになって最初につけた番号。「ルーキーの時の気持ちを思い出して、もう一度バスケットボールと向き合いたい」と意気込んだ。

 セネガル出身で、200センチ、101キロのセンター兼パワーフォワード。延岡学園高(宮崎)に留学し、関東学院大を経て、2011年にbjリーグ横浜でプロの道を歩み始めた。2015年に日本国籍を取得し、16年にリオデジャネイロ五輪最終予選に日本代表として出場した。18~19年シーズンは全60試合に...    
<記事全文を読む>