レバンガ北海道は3日、元B1名古屋Dのマーキーズ・カミングス(30)の獲得と、野口大介(36)=渡島管内七飯町出身=と関野剛平(24)=オホーツク管内湧別町出身=がB1のSR渋谷に移籍することを発表した。

 新加入するカミングスは米国出身。192センチ、104キロのスモールフォワード兼パワーフォワード。フィリピン、韓国などでプレーし、2018年に名古屋Dに入団してシーズン途中の今年3月まで在籍した。昨季は36試合に出場し、1試合平均23・2得点、6・6リバウンドを記録。高い得点力が期待される。

 移籍が決まったパワーフォワードの野口は、前身のレラカムイ北海道を含...    
<記事全文を読む>