バスケットボールBリーグの栃木ブレックス(宇都宮市駒生2丁目)の2019年6月期決算は、売上高が前期比13%増の13億6千万円規模になり、過去最高を更新する見通しであることが1日、分かった。

 同日に都内で開かれた「スポーツビジネスカンファレンス」で、ブレックスの鎌田真吾(かまたしんご)社長が明らかにした。

...    
<記事全文を読む>