J1神戸は30日、トップチーム昇格1年目のDF小林友希(19)がJ2町田に期限付きで移籍すると発表した。期間は来年1月31日まで。小林は「自分自身の成長速度を上げるためには出場機会が必要」と決断の理由を語っている。

 神戸市西区出身の小林は小学生から神戸一筋。今年5、6月のU-20(20歳以下)ワールドカップで主力を務めるなど期待の若手だが、今季はリーグ戦の出場が0試合と活躍の場がなかった。

 町田は現在17位。小林は「自分自身の100パーセントを出し切り、大きく成長した姿を神戸のピッチで見せられるように頑張ってくる」とコメントしている。(有島弘記)

...    
<記事全文を読む>