仙台は第20節を終え、7勝2分け11敗の13位。開幕から10戦で2勝1分け7敗と不振を極めた時から盛り返してきた。布陣をオーソドックスな「4-4-2」に変えた成果が出ている。新布陣で発揮できた粘り強い戦いを夏場でも継続できるかが上位進出の鍵となるだろう。

<選手戦いやすく>
 20日のアウェーC大阪戦は今後に期待できる戦いぶりだった。前節まで4戦無敗と好調な相手に0-0でドロー。それまで敵地で1勝8敗と苦しんだことを考えたら大きな前進だろう。2戦ぶりに復帰したシマオマテが高い身体能力で相手の攻撃を封じ、欧州移籍した日本代表GKシュミットに代わって新加入したヤクブス...    
<記事全文を読む>