J1横浜Mは26日、GK飯倉大樹(33)がJ1神戸に完全移籍すると発表した。J1通算225試合出場を誇るベテランは今季、控えに回ることが多くなり、リーグ戦出場5試合にとどまっていた。

 育成組織出身の飯倉は2005年にトップチーム昇格。06年にロッソ熊本(当時)への期限付き移籍を経て、07年の復帰後はマリノスでプレーしていた。

 クラブを通じて発表したコメントは次の通り。

 「このたび、ヴィッセル神戸へ完全移籍することになりました。横浜F・マリノスのことが大好きで、移籍をするか本当に悩みました。F・マリノスを離れることが寂しくて、今は子供がダダをこね...    
<記事全文を読む>