サッカーのスペイン1部リーグに所属する世界的名門クラブのバルセロナが27日、国際親善試合「楽天カップ」でJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸とノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で対戦する。バルセロナのジョルディ・カルドネル副会長が25日、神戸市内で神戸新聞社の取材に応じ、ヴィッセルの印象などについて語った。主なやりとりは次の通り。(聞き手・井上 駿)

 -試合の見どころは。

 「バルサの『ティキタカ』と呼ぶ素早いパスワーク、それに選手がどう戦略的に動き回るのかを見てほしい。メッシは不在だが、DFアルバ、MFブスケツ、新戦力のFWグリーズマンらが中心になるだろう...    
<記事全文を読む>